2010年11月14日

『ミツバチの羽音と地球の回転』

忙しさにかまけて、記事を書くのをすっかり忘れていた。
忙しいとはいえ、いくつか映画も観たし本も読んだのだけれど。
映画は、『ミツバチの羽音と地球の回転』、それと『ディープブルー』。
本は、畠中恵『ゆめつげ』姫野カオルコ『ひと呼んでミツコ』、あとは糸井重里『言いまつがい』やら麺通団の『恐るべきさぬきうどん』やら。

まずは、映画について感想を書いてみようか。

『ミツバチの羽音と地球の回転』は、山口県祝島にできる予定の原発と、それに反対する島の人々の様子を描いたドキュメンタリー。
ふらりと入った単館上映の映画館でかかっていた。
映画に対する予備知識は何もなかったけれど、正直な感想を言えば、別にスクリーンで観る必要はない映画だったな、ということに尽きる。
それこそNHKの特番で放送されても何らおかしくない映像と内容。
それ故に、映画としてはあまり評価することはできない。
しかし、ではストーリーは評価できるかというと、そうとも言えないのがまた残念。
ストーリーについても、原発が悪いのか、それとも無理につくろうとする中電が悪いのか、視点がはっきりしない。
祝島の人々と、スウェーデンとのつながりも弱く、ただ二つの違うドキュメンタリーが平行して流されているだけ、という印象を受けてしまった。

原発についてはニュートラルな考えでなので、反対も賛成もない。
けれど、この映画は結局、原発反対を訴えたいのか、中電のやり方を批判したいのか、
それとも未来へのエネルギーを提案したいのか、主張がよくわからないまま終わってしまった。
posted by TO-SAN at 09:29| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。