2010年12月18日

石田衣良『灰色のピーターパン』

IWGPシリーズ。
追いかけて読んでいるわけではないけれど、なんとなく読み続けているこのシリーズ。
今回も、たまたま立ち寄った古本屋で安く売っていたので手に入れ、読んでみた。
リアルを舞台にしながらもリアルを感じさせないところは、私にとってはこのシリーズの魅力の一つ。
でも、今作の最後の短編は、設定からして「さすがにこれは…」という程風呂敷が大きい。
そんなわけで、評価としては今ひとつ。
ただ、軽く読める作品群だから、寝る前なんかには持ってこいかもしれない。
posted by TO-SAN at 22:57| 北海道 ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。