2011年03月27日

有川浩のこと

2月をすっ飛ばして、3月ももうすぐ終わりになろうという時。
山陽では、そろそろ桜が咲き始めている。
東日本で大きな大きな災害があって、けれど中国地方はまったく何の変化もない。
人々の話題と、テレビで流れるニュースの映像が違うことくらい。

そんな中でも、やはり本を読み続けている。

読了した本を、思い出せる限り書いていこう。
備忘録のつもりなのに、書くこと自体を忘れている。

佐川光晴『おれのおばさん』
有川浩『図書館戦争』『海の底』『空の中』『クジラの彼』

漫画では、『絶対可憐チルドレン』『並木橋アオバ自転車店』

は、読了。

未読のもので増えたのは、
池澤夏樹『小説の羅針盤』
歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』
村上春樹『キャッチャーインザライ』
posted by TO-SAN at 21:47| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。