2011年05月08日

休みの日に読書

休みの前日、そして休みの当日には、思う存分本が読める。
有川浩、着々と読み進めているところ。
「フリーター、家を買う」
「別冊図書館戦争T」
「シアター!2」
3冊読了。

「フリーター」は、暗い始まり方で少し意外な感じもある。でも、結局有川節のエンディング。
ただ、どのお話とも違うのは、綺麗にまとめていないこと、だろうか。
社会に出ることはやはり大変なことで、大企業の仕事だけではない、
多くの仕事があるからこそこの世の中は回っているという事実。
それをしっかりととらえている、そんな小説。

「別冊」は、あとがきで本人が「『別冊マーガレット』とかの別冊」と語っている通り、
ベタ甘なラブコメ一直線だ。
まだ「危機」「革命」を読んでいないので、把握しきれない登場人物もいるのだけれど、
それはさておいて郁と堂上のやりとりには悶える。
というよりも、郁のかわいさに悶える。
「植物図鑑」はイツキもさやかもかわいらしい、最高のバカップルだった。
「別冊」ではあきらかに郁の方にウェイトがかかっているよう。

「シアター!2」については、正直これは出す必要はあったのかな、と思う本だった。
もちろん、さすがの有川浩でラブコメっぷりはしっかりあって面白いのだけれど、
どう読んでも1作目の方が面白い。
しかも、2が出たということは、どうやらこれはまだ続くのではないか、という予感。

どうもこの有川浩という人は、物語の余韻を活かせない人なのかも知れない。
「クジラの彼」には、「海の底」「空の中」からスピンアウトした短編が収録されているし、
「図書館戦争」の文庫化に際しても短編を収録しているし、
とにかく物語を最後まで書かずにはいられない人なのだろう。

良い面でもあり悪い面でもある、と思う。


追加された本。
深沢美潮「青の聖騎士伝説」
私の世代のライトのベルには大きな作品がいくつかあるが、その中に「フォーチュンクエスト」がある。
これは、「フォーチュン」のクレイ・S・アンダーソンの曾祖父にして、
伝説の「青の聖騎士」であるクレイ・J・アンダーソンの物語。

畠中恵「ころころろ」
「しゃばけ」シリーズは、既刊はすべて目を通していたと思ったが、ふと知らないタイトルを目にしたので、
つい買ってしまった。

石田衣良「夜を守る」
舞台はアメ横、ガーディアンエンジェルのお話。
「IWGP」とはまた別の形で、東京の今を語ってくれるに違いない。期待している。
posted by TO-SAN at 23:32| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。