2012年07月18日

新婚旅行のこと 第3回

ずいぶん間が空いてしまった。
新婚旅行の細かい記憶も少しずつ薄れ、漠然と、楽しかった記憶として血肉に溶け込んでいる。
それを再び結晶化させてみよう。

前回は確かポカラに向かうところで終わっていたはず。
トリヴヴァン国際空港から歩いて5分、すぐ隣に、国内線乗り継ぎの空港がある。
こちらは空港というよりも飛行場と言った方が良さそうで、飛行機までの移動は扉を取っ払ったバス。
飛行機もせいぜい30人乗りくらいの小さなものばかりだ。
一応、荷物の重量も量られるのだけれど、団体の旅行客の荷物はまとめて計りの上へ。
第一、荷物を置いたところで、アナログな体重計のような計りの、目盛りが動いている気配がない。
あまり意味のない計量を終え、それでも身体検査だけはそれなりに丁寧にして、
搭乗口へと通される。
国内線の航空会社はたくさんあって、自分たちがどの便に乗るのか、まずはちゃんと把握する必要がある。
同じ場所に同じ時間に飛ぶのに、違う航空会社の飛行機もあるくらい。
待合室で、喉が渇いてお茶を買った。
ところが、出てきたのは行楽に使うような使い捨てのプラカップに入った、ティーバッグの紅茶。
プラスティックが薄くお湯が熱いため、じゃっかん柔らかくなっているそのカップに、
何故か強烈にアジアを感じた瞬間だった。
やがてアナウンスがあり、バスに乗って飛行機へ。
途中、軍用機が止まっているようなエリアを覗きながら飛行機へ。
今更ながら、あのエリアは見ても大丈夫だったのだろうか。さすがに写真は撮れなかった。
何はともあれ、30人乗りの飛行機に乗ってポカラへ向かう。
この飛行機、小さい上にアナウンスもなく急に動き出すから妙に怖い。
気軽に飛び立って気軽に到着する、まるで乗り合いバスのような飛行機だ。
聞いたところでは、ちょうど私たちが乗っていた前後で、山方面に向かった便が墜落したニュースもあったそう。
そんなことを気にすることもなく、飛行機はポカラへ降り立った。
ネパールといえばカトマンドゥとヒマラヤくらいが日本の一般的な感覚だと思うのだが、
あえてここポカラに来ることにしたのには、ある理由があった。
第1回に書いた、大木神父がいらっしゃった土地がまさにここポカラなのだ。
大木神父が帰国された今も、シスター川岡が幼稚園を運営しておられる。
その幼稚園をこの目で見たいという思いが強かったのだ。

ただ、初日はそこまでの行程は難しかったため、ホテルにチェックインし、一息ついて
夕日とヒマラヤを見に行くことにした。
というところで、また次回へ。
posted by TO-SAN at 23:22| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。