2016年11月21日

「超高速!参勤交代」「チョコレートドーナツ」

超久々。備忘録。

「超高速!参勤交代」
設定自体が無茶な映画だけれど、そこを受け入れて観ることで、
ラストのハッピーエンドも受け入れられる。
思っていたよりも観た後の気分が良くて、良い映画だと感じられた。
テンポも良いし、訛りもちょうど良いし、役者達も良い。
お殿様の佐々木蔵ノ介もとぼけた良い味だし、西村雅彦は相変わらず好き。
上地雄輔はタレントとしてのキャラクターはそれほど好きじゃないのに、
演技は良く、かっこよく見える。
それにしても深田恭子は美しいなぁ。

「チョコレートドーナツ」
ラストは何とも言えず悲しい気持ちになる。
でも、その涙を昇華する「I shall be released」が良い。
自分は、やっぱり親の元にいるのが一番良いのでは、と単純に考えがちな人間だけれど、
当たり前だけれど世界はそんなに単純じゃなくて、その子に必要なものを用意できる環境こそが、
最善のものなんだろう。
でもあのお母さん、かわいそうな人。お母さんにこそ救いの手が差し伸べられてほしい。
posted by TO-SAN at 23:55| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444205924

この記事へのトラックバック