2012年11月21日

Meggy's at YOUNG INN 安芸高田

育った街・広島に帰ってきて2年余りがたって、幸いにもまた音楽をやる機会に恵まれている。
大学でブルーグラスという新たな音楽に出会ったことだけでなく、高校時代のブラスバンドのつながりが、今の僕を生かしてくれている。
そんな高校時代のつながりからメンバーになることになったのが、Meggy's。
ボーカルスクールcroonの先生であるMeggyさんを中心に、今まで僕が取り組むことがほとんどなかったディーバ系歌ものバンド。
リズム隊のメンバーが流動的で、他のメンバーには大いに迷惑をかけているという自覚もありつつ、
自身の勉強にもなるので甘えさせてもらって、これまでに何回かライブを重ねている。

11月17日、安芸高田市文化創造センターで、Meggy'sフルメンバー揃ってのライブとなった。
実はつい最近ドラムが交代したのだけれど、その後最初のライブは、僕が都合で出演できず、ベースがトラだった。そして、その次にあったライブではドラムの都合が悪く、トラだった。
正規メンバーが揃うのは今回がはじめてということで、少なくとも僕にとっては、いささか緊張感のあるライブとなった。
偉そうなことを言うが、ドラムが交代するとリズムの取り方がまったく変わるので、苦労が大きいのだ。
他の人もきっとそうだと思うのだけれど、他のメンバーは百戦錬磨といって良い布陣なので、おそらくこんなに困っているのは僕だけだろうと思う。もっとも、全員が「自分だけ」と思っている可能性もあるけれど。
でもここで思い出すのは、札幌時代に組んでいたPanty'sという筆舌に尽くしがたい恥ずかしいバンド名のバンド。
ここで鍛えられたことを思い出しながら、ドラムとベースの位置を探りつつ、音を置いていく作業に集中。

さて、そんな話はともかく、今回のライブ。
このYOUNG INNというのはライブイベントの時のこの会場の呼び名だと思うのだけれど、「YOUNG INN」という名前を見ただけで、「きっとヤングはいないんだろうな」と大変失礼な想像をしてしまった自分を殴り飛ばしたい。
実際には、親子連れをはじめとして比較的ヤング、そして元ヤングの方々が大勢来てくださり、大いに盛り上がってくださった。
勿論、リアルヤングの方々も来場されていたことは念のためここに記しておきたい。
特に、最前列に陣取って聞いてくださった親子連れの方々には感謝。
子ども達も楽しく聴いてくれていたようだった(最終的には寝てしまっていた)が、特にお母さんが僕好みのタレ目顔で、終始にこにこしながら聴いてくれていたのだ。
僕は基本的に、真顔が半笑いになっているようなタレ目で口元が緩い顔に弱いらしい。
お父さんもとても楽しんでくれていたようで、お客さんに声をかけてもらいたいがために出入り口で見送りをしていた僕たちに、無事声を掛けてくださった。
ありがとうございます。

以前、広島市内のライブで競演してくださり、今回もご一緒した秋本音楽事務所さんは、高校の先輩でもある。
「私の唄」「残尿感」「箱舘戦争」といった素晴らしい歌の数々を聞かせてくださった。
特に「残尿感」からの「箱舘戦争」は最強コンビネーションで、食事時には決して聴きたくない、しかしそれ以外の時にはいつでも聴きたいほどの名演奏。
最後には「残尿感」をMeggy'sとともに披露してくださり、感謝感激。
半ば強引にレゲエバージョンにしてしまった感があるが、あれは記憶に残る名演奏だったように思う。

秋本音楽事務所さんとは、おそらくこれからもご縁があるだろうと思っている。
耳夢が広島でライブをやる時がきたら、ぜひとも競演したい。
posted by TO-SAN at 00:25| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

ブログやってました

さてと、この記事からは少しだけ文章を対外的な形にしていこうと思う。
どこまでできるかはわからないけど、でも以前やっていたみたいに「ですます調」はやめたままで。

学生時代にやっていたブログは色々と問題があったりもして、ネット上でのコミュニケーションに嫌気がさしていた。
基本的に根暗でシャイでインドアボーイの僕は、人とのコミュニケーションがとても苦手なのだ。
しかしながら、twitterやFBといった新たな方法が登場し、また環境が変わって新たな人間関係が構築されてきて、もう一度挑戦してみようと思い立った。
これまでにも投稿した記事があるのだけれど、それらは基本的に、人に見られることを前提に書いてこなかった。
それならwebにupしなければ良いのだけれど、FBの創始者マーク・ザッカーバーグによれば「人間は、『本能的につながりたい』生き物」なのだそうなので、その点については仕方ないと思っていただきたい。
ただ、そのような前提があったので、見苦しい部分が自分でも多々あるのだけれど、削除するのが面倒という実に内面的な理由によりそれらの記事は残したままにしようと思う。
いずれ、ゆっくりと、消すべき記事は消していくことにして、まずはこれからのことをまとめていこうと思う。
あとは、人に見られても恥ずかしくない文章を書く練習をあえて見られながらするという、厚顔無恥かつ露出趣味な修行も兼ねて。
posted by TO-SAN at 23:53| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SNSが多すぎて

最近、FacebookとかTwitterに加えて、読書メーターというのもやっていて、どこに何を投稿したものか迷っている。
基本的にこのブログも、備忘録的に読んだ本と映画のことを書いていこうと思ってはじめたものなのだけれど、「本」についての役割は読書メーターが担ってくれていて、映画についてはtwitterに書き散らすだけで満足している。

だから、このブログの価値を別のところに見いだそうかと思う。

広島に戻ってきて2年、色々と音楽をやる機会にも恵まれてきているので、昔のように自分の活動についても少しずつ触れていこうと思う。

自分の中で音楽に対する気持ちは学生の頃とあまり変わっていなくて、どこかで「辞めた方が良いのかな」と迷いながらも、機会が与えられることに甘えてずるずると続けている。
これからも迷いながらやっていくことになるのだろうと思うから、せめてその動きがやむまでは、記録を残してみるのも一興かな。
また、学生の頃みたいに周囲に多大なるご迷惑をおかけすることもあるかもしれない。ただ、若気の至りではすまない年齢になってきているので、そのことは少し頭の片隅に置いておこう。
posted by TO-SAN at 23:37| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

「図書館戦争 革命のつばさ」

出張中、夕飯の買い物にふらっと寄ったモールに、映画館があった。
この県内では唯一ここだけで上映。しかも、上映開始2分前。
これも何かの縁だと思って、夕飯を飛ばして映画へ。

原作のファンなので、まずは登場人物達が喋って、動いている姿にはつい頬がゆるむ。
原作とは少し違う筋立て、違う人物描写もあって、原作の映画化というよりも、また別の作品に仕上がっている。
クライマックスの解決シーンには疑問も残るけれど、総じて楽しむことはできた。
郁のいう「キャラ読み」のような楽しみ方ではあったけれど、元々原作もそれに近い形で読んでいるので文句はない。
このストーリーでは特に出番のない毬江も少しだけ登場するのは、原作ファンへのサービスだろう。
原作を知らない状態で楽しめる作品かどうかはわからないが、原作を読み込んでいれば十二分に楽しめる、そんな作品だった。
posted by TO-SAN at 22:45| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

最近見た映画のこと

色々と忙しさを言い訳にして、自分のブログを見ることもしていなかった。
最近見た映画は「おおかみこどもの雨と雪」「岳」「鉄道員」くらいかな。
他にもあるような気もするけど…。
本は順調に読んでいる。
またいずれ。
新婚旅行の続きも、改めて書くことにしよう。
posted by TO-SAN at 00:05| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

新婚旅行のこと 第3回

ずいぶん間が空いてしまった。
新婚旅行の細かい記憶も少しずつ薄れ、漠然と、楽しかった記憶として血肉に溶け込んでいる。
それを再び結晶化させてみよう。

前回は確かポカラに向かうところで終わっていたはず。
トリヴヴァン国際空港から歩いて5分、すぐ隣に、国内線乗り継ぎの空港がある。
こちらは空港というよりも飛行場と言った方が良さそうで、飛行機までの移動は扉を取っ払ったバス。
飛行機もせいぜい30人乗りくらいの小さなものばかりだ。
一応、荷物の重量も量られるのだけれど、団体の旅行客の荷物はまとめて計りの上へ。
第一、荷物を置いたところで、アナログな体重計のような計りの、目盛りが動いている気配がない。
あまり意味のない計量を終え、それでも身体検査だけはそれなりに丁寧にして、
搭乗口へと通される。
国内線の航空会社はたくさんあって、自分たちがどの便に乗るのか、まずはちゃんと把握する必要がある。
同じ場所に同じ時間に飛ぶのに、違う航空会社の飛行機もあるくらい。
待合室で、喉が渇いてお茶を買った。
ところが、出てきたのは行楽に使うような使い捨てのプラカップに入った、ティーバッグの紅茶。
プラスティックが薄くお湯が熱いため、じゃっかん柔らかくなっているそのカップに、
何故か強烈にアジアを感じた瞬間だった。
やがてアナウンスがあり、バスに乗って飛行機へ。
途中、軍用機が止まっているようなエリアを覗きながら飛行機へ。
今更ながら、あのエリアは見ても大丈夫だったのだろうか。さすがに写真は撮れなかった。
何はともあれ、30人乗りの飛行機に乗ってポカラへ向かう。
この飛行機、小さい上にアナウンスもなく急に動き出すから妙に怖い。
気軽に飛び立って気軽に到着する、まるで乗り合いバスのような飛行機だ。
聞いたところでは、ちょうど私たちが乗っていた前後で、山方面に向かった便が墜落したニュースもあったそう。
そんなことを気にすることもなく、飛行機はポカラへ降り立った。
ネパールといえばカトマンドゥとヒマラヤくらいが日本の一般的な感覚だと思うのだが、
あえてここポカラに来ることにしたのには、ある理由があった。
第1回に書いた、大木神父がいらっしゃった土地がまさにここポカラなのだ。
大木神父が帰国された今も、シスター川岡が幼稚園を運営しておられる。
その幼稚園をこの目で見たいという思いが強かったのだ。

ただ、初日はそこまでの行程は難しかったため、ホテルにチェックインし、一息ついて
夕日とヒマラヤを見に行くことにした。
というところで、また次回へ。
posted by TO-SAN at 23:22| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

新婚旅行のこと 第2回

出発は、関西空港から。
最短であれば、夜に広島を出発して、深夜便の飛行機に乗り、次の日のお昼にはカトマンドゥに着けるのだけれど、前日に広島で用事があった。
結果として、午後に広島を出発して夜にソウルへ。ソウルで一泊した後カトマンドゥへ、という動きになった。

仁川国際空港にはトランジットの中にホテルがあるため、入国せずにそのまま宿泊できる。
案内板には日本語も書かれていて、トランジット内なら日本円での買い物も可能。
勿論、ドルでもウォンでも可能だ。
朝目が覚めて朝食を食べた時、ウォンで書かれた料金にドルで支払ったところ、
円でおつりが返ってくるというような状況にも出会った。
グローバル。

カトマンドゥのトリブヴァン国際空港に降り立った時、入国ビザの申請に写真が必要だということを初めて知った。
なんて準備のない夫婦。
幸いにも、入国審査の前にデジカメで写真を撮ってくれるコーナーがあった。
ドルで支払おうとするが、受け取ってもらえず、すぐそばの両替屋で替えてもらうことに。
ネパールの通貨はルピア。
レートとしては、大体1円=1ルピアだが、勿論ネパールの通貨価値は円と同じではない。
そのことについては次回にでも書いていくことにしよう。
ここで無事に写真を調達し、入国。
関空や仁川に比べると、カトマンドゥのトリヴヴァン国際空港はとても小さい。
設備も綺麗とは言い難いが、アジアの一国に降り立ったという感覚は非常に大きかった。
日本も韓国もアジアの一国ではあるのだけれど、看板は国際的なブランドのものが多いし、
異国に来たという感覚の大きさはこの時が一番大きかった。

空港を出たところで、現地旅行会社のスタッフの方が迎えに来てくれていた。
すぐにポカラへ乗り継ぎだが、トリヴヴァンでは国内線の飛行機には乗れない。
歩いて3分ほどのところにある、国内線の乗り場へ。
こちらの異国情緒はさらに強い。

というところで、次回へ。
posted by TO-SAN at 21:41| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

新婚旅行のこと 第1回

新婚旅行に行ってきた。ネパール。

なんでネパールなの?

新婚旅行のことを話した8割5分くらいの人に、こう訊かれた。
行きたかったから。ただそれだけだ。
でも、何故行きたかったのか、それを一言で説明するのは難しい。
まずは、旅行先をネパールに決めた理由から、書いていこう。
こんな時、このブログの読者が少なくて本当に良かったと思う。
こんな内面のどうでも良いことを、以前のようにライブの告知ばかりしていたブログに載せるのは、
大変に憚られるから。

ネパールにはじめて興味を持ったのは、高校の頃だった。
当時の私は、これも学校の研修の一環でフィリピンに行ったりと、アジアの国々に関心が高かった。
中でもネパールは、母校の運営母体でもあるイエズス会の神父、大木先生が、
長年にわたって障害児の施設の運営に力を注いでおられたところだ。
私の在学中に、大木神父が講演に来てくださったことがあった。
正直なところ、申し訳ないことに話の内容はまったく覚えていないのだけれど、
その時「ネパールに行って何か手伝えることはないだろうか」と強く思ったこと、
そして大木神父がくださるはずだったヒマラヤの絵葉書をいただけなかったことだけを強く強く覚えている。
当時、私の母校にいらっしゃった先生方も、たびたびネパールに行っていたような記憶もある。
長期休みの時にネパールに行くという話を聞いたりして、私も行きたいとずっと思っていた。
けれど、諸々のタイミングや費用の問題もあって、結局実現することはなかった。

いつか行きたいと心の隅に思いを暖めながら、高校を卒業してから10年。
仕事先で、偶然にも高校時代お世話になっていた先生にお会いした。
その方は養護教諭だった先生で、今は大学で保健学を教えておられる。
よくネパールに行っていた方だ。
新婚旅行でどこに行こうか、漠然と考えていた時期だった私は、そこでネパールのことを急に思い出した。
そこで、大木先生の活動を支援しておられた先生の連絡先などを教えてもらい、
ネパールの魅力について、そして新婚旅行で行くにふさわしい土地なのかというところも、
教えてもらうことにした。

妻は果たして認めてくれるだろうか、と少し心配もしていたけれど、
池澤夏樹の「すばらしい新世界」を気に入ってくれた妻は、何の問題もなく賛成してくれた。
行くならチベットまで行きたいね、とまで言ってくれた。

この時点で候補は二つ。ネパールかバリだった。
ちなみにバリも、池澤夏樹が「花を運ぶ妹」で舞台に取り上げている土地だ。
宗教と海。
ネパールなら宗教と山。
この組み合わせが、私たちの希望にぴったりと合っていた。
悩みながら決めかね、いよいよ旅行に行ける時期が近づいてきた。
最後の決断を迫られていた時期に、Facebookで、大学の後輩がネパールに行っていたことを知って、
連絡を取ってみることにした。
彼女は研究の一環でネパールに滞在していて、なんと現地の旅行会社まで紹介してくれたのだ。
今度はこの旅行会社の方に連絡を取ってみる。
メールでのやりとりながら、非常に親身になってプランを考えてくださっている様子がわかり、
この人を信頼して、ネパールの旅行に行ってみようか、という気になった。
これが、最終的にネパールに行き先を定めた理由。

バリにもいつか行きたいな。
posted by TO-SAN at 23:30| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『絶望の国の幸福な若者たち』古市憲寿

希望がない社会であるほど、若者は現状を幸福だととらえる。
今よりも幸福な未来を思い描くことが困難であれば、幸福は「今」に見いだすしかない。
未来ある社会であるほど、若者は現状に満足せず、今の状態を「不幸」だととらえる。
今よりも幸福な未来を簡単に思い描けるからこそ、現状はまだまだそこに達していないと感じてしまうから。

そんなことを過去の資料や現在の若者へのインタビューから描き出している本書。
年配の評論家達が、かつて自分たちが若かった時代を振り返りながら、
その時代を知らない若者たちを論じることのナンセンスをはっきりと描いている。
今若い人は特に、一読する価値のある本だと思う。

自分自身に翻ってみると、基本的に幸福感に包まれて日々を送っていて、
なんとものほほんとした人生であることよと感じることもままある。
けれど、時折どうしようもない不安に襲われることもある。
そんな気持ちを行き来しながら生活していると、
自分もやはり「絶望の国」に生きる「幸福な若者」なんだろうと思う。
posted by TO-SAN at 23:06| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

『ダンシング・ハバナ』『エンディングノート』『家族の庭』

今年に入って更新していなかった。
『ダンシング・ハバナ』はDVDで、
『エンディングノート』と『家族の庭』は映画館で。
どれも良かったので、感想はまたじっくりと書いていきたい。

『ダンシング・ハバナ』
アメリカから、父親の仕事の関係でキューバに引っ越してきた18歳のケイティと、キューバ人ハビエルとの恋のお話。
少年少女の恋の物語は、こんな風に情熱的でかつ淡いものだと思わせてくれる。
「情熱的」の部分には、サルサをはじめとしてキューバン・ミュージックが大いに力を貸してくれていて、音楽もダンスも情熱とセクシーのかたまり。
ケイティを演じるロモーラ・ガライは、『アメイジング・グレイス』で主人公ウィルの奥さんとして登場しているが、それとはまったく違う雰囲気。
おカタいと表現しても何の差支えもなさそうなケイティが、ダンスと恋の情熱を浴びて花開いていく様子が本当にすばらしい。
そして、「淡い」の部分は、エンディング。
危ない結論に至るのではなくて、将来を考えるからこそ選んだ結論。それが、最後に良い味を出していた。
posted by TO-SAN at 23:32| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。